上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.23 映画
数年前、出版されて話題になった盲目の馬と少女の
3年間の交流を描いた「私、コスモスの目になる!」
がどうやら映画化されるらしい。

読んだことのない方のために簡単に本の内容を
紹介すると、障害馬術選手権大会で優勝したことの
あるタカラコスモス。
しかし、この馬は後に視力を失い、その後の生涯
が危ぶまれる。引き取り手のない中、青森県立三本
木農業高校の馬術部顧問の先生が引取り手として
名乗り出る。そんなタカラコスモスの担当をまかさ
れた女子新入部員。

ただでさえ臆病な馬が、視力を失った時、当然のごと
く心を閉ざし自分の身を守るために人に攻撃的な
性格に。。。
そんなコスモスに献身的に愛情をそそぐ女子生徒。
やがて、少女に心を開き、信頼関係がめばえていく。
この本は、そんなタカラコスモスと少女の3年間の記録
をつずった本だ。

馬と人間もそうですが、人間どうしも信頼関係をつくる
のって大変ですね。動物の方が人間ほど性格が複雑じゃない
分まだわかりやすいと思うのは僕だけでしょうか。。。

それにしてもどんな映画になるのか今から楽しみです。

by ドイ

4391126192.jpg

スポンサーサイト
2007.03.18 馬の知能
「馬は賢い動物」と言う話しをよく耳にしますが、
はたして馬にはどの程度の知能があるのでしょうか?

単純に体重に占める脳の割合で考えるた場合、
人の脳は体重の約2%。これに対して馬の脳は
約600グラムで体重のおよそ0.1%。
ちなみに脳の体重比が馬より大きいのはサル、ネコ、
イヌ。逆に小さい動物ではウシとブタなどです。
あくまでも脳の体重比で考えたらウシやブタと同程度
の知能ということになります。

しかし、馬は記憶力が非常によく、特に強い恐怖や痛み
をともなった経験は、一度だけでもいつまでも忘れな
いという特徴をもっているそうです。
また競走馬研究所の研究者の研究によると、馬は普段世
話をしてくれる厩舎関係者の足音をはるか遠く離れてい
ても識別したり、追い切りをすることでで出走が近いこ
とを察知することができるそうです。
また、競馬や障害飛越競技において騎手の手綱さばきに
素直に反応するようになるそうです。

以上のことから知能が高いとは言いきれませんが、記憶力が
よいことだけは間違いないようですね。

by ドイ
2007.03.11 盲導馬
「盲導馬」の存在をご存知だろうか?
自分も最初は盲導犬の間違いじゃないないの。と思っ
たのだが、目の不自由の人の介助の役割をする目的で
盲導馬の育成をしている人が日本にいるようだ。
もともと、アメリカの一部の州で盲導犬の代わりに
ミニチュアホースを使って視覚障害者の手助けが
できないかという事で盲導馬の訓練がはじまった
ようだ。
馬の場合、性格もおとなしく両脇に目があるため視野
が広く、犬と比べ寿命も長いというメリットがあるよう
だ。知能も犬とカラスと同等の知能があるとの事。

話しを日本にもどすと、2年前に出版された「盲導馬
をよろしく」(東邦出版)でそのことが詳しく書かれて
いる。
埼玉県の名栗ミニホース牧場で、盲導馬調教師として頑張
っているのが両角さんでミニチュアホースに盲導馬の訓練
を施し始めた。
盲導犬協会の人にアドバイスを受けたりしながら試行錯誤
が続いているようだ。現状は「待て、来いの指示に従ったり、
安全と分かるまで障害物の前で止まります。ただ、まだ
自分から人を引っ張っていくまでではない」法律面でも
認められていないことなども含め、まだまだ実用段階まで
は遠いようだ。と両角さんは難しさを語っている。
首都圏はともかく、人通りの少ない郊外で活躍できるぐら
いに育てば、盲導馬が視覚障害者の助けとなっていく可能性
は近いかも。
 
by ドイ
moudouba[1].jpg

2007.03.10 春競馬
暖冬の影響で気分はもうすっかり春の
陽気ですね。乗馬を楽しむには本当に
よい時期になりました。

さて、ぼくのような競馬ファンには
胸躍る季節到来です。(と、言っても
ほとんど毎週競馬は見ているのですが)
4月には3歳馬のクラッシックレース
皐月賞、桜花賞がひかえています。
東西の競馬場では、クラッシックレース
に向けてのトライアルレースが行われ
ていますが、現段階での有力馬は数頭の
馬が一歩リードというところですね。
牡馬ではアドマイヤオーラ、フサイチホウ
オー。
牝馬ではウオッカ、ダイワスカーレットと
いった馬たちです。
ウオッカは父親がタニノギムレットですが
他の3頭は父親がアグネスタキオン、ジャングル
ポケットといずれもサンデーサイレンス系です。
昨年3冠を獲ったディープインパクトもサンデー
産駒でしたし、本当にサンデーサイレンス系
はクラッシックに強い血統ですね。

競馬はブラッドスポーツと言われていますが
改めて痛感させられます。
今年は、どの馬がクラッシックレースを制覇
するのか楽しみです。

by ドイ
2007.03.03 桜流鏑馬
早いものでもう1ヶ月もすると花見の季節が
やってきますね。
そんな季節には、全国の乗馬クラブや観光地
では、お花見外乗など花見にちなんだ馬のイベ
ントが企画される事かと思います。
そんな中から面白そうなイベントを紹介します。

青森県十和田市にある緑地公園も桜の名所と
して知られているようです。ここでは毎年女性
騎士だけによる流鏑馬大会、桜流鏑馬なるイベント
が4月中旬に行われるているそうです。
女性騎士限定の流鏑馬大会は全国でもたぶんここ
だけではないでしょうか。お花見がてらぜひ出かけ
てみたいものです。
写真は十和田乗馬倶楽部のホームページに紹介されて
いたものです。

あ、そういえば今日は3月3日ひな祭りでしたねぇ。

by ドイ



p804a1[1].jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。