上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.31 今年を回顧
今年も今日1日で終わりですが、皆さん
はどんな1年だったでしょうか?

世間一般で、一番話題になったことと
いえば食品業界で起こった偽装事件で
しょうか?政治の世界でも年金問題を
はじめ国民を欺くような事件が多く
いったい何を信じてよいやら・・と
思わせるような、とても不安な事件が
多く起こった1年でした。
明るい話題といえば北京オリンピック
に向けて野球やサッカー日本代表が予選
を勝ち抜いて出場を決めました。

馬の世界の重大ニュースといえば、なんと
いっても馬インフルエンザにより競馬が
中止になったことです。競馬ファンとして
長い間、競馬観戦していますが、天候やスト
以外の理由で競馬が中止になったのには大変
驚きました。
この影響で、凱旋門賞に挑戦プランをたてて
いた日本馬(メイショウサムソン、ウォッカ)
も遠征中止を余儀なくされたのはとても残念で
した。特に3歳牝馬でダービーを制したウオッ
カの凱旋門賞での走りは見てみたかった・・
競馬にかぎらず、馬術の大きな大会もインフル
エンザの影響で、中止や延期になり関係者のみ
なさんも、さぞてんてこまいした事かと思いま
す。
もうひとつ、競馬の重大ニュースでつけくわ
えたいのが、外国資本の馬主(アラブの石油
王)が、JRAの馬主資格を正式に認められたこと
や消滅の危機を迎えていた北海道のばんえい
競馬がスポンサーの出現により存続が決まった
ことでしょうか。

前置きが長くなりましたが、個人的には隔月刊
でだしていた乗馬ライフが、月刊誌になった
ことが最大のできごとでした。
月刊誌になったことで、関係者のみなさん愛読者
のみなさん、色々なご意見があるかと思いますが、
面白い雑誌になるようスタッフの一員として頑張
っていきますので来年もよろしくお願いします!

by どい

スポンサーサイト
2007.12.27 ポロ
会社の近くにポロショップがあるのですが、年何回
かの割合いでショーウィンドウに馬具がイメージで
飾られています。
現在は、写真の通りゴージャスな雰囲気の中でサドル
がワンポイント飾られています。
そういえば、ポロのモチーフにはポロ競技をやっている
刺繍でおなじみですが、創業者のラルフローレンはもと
もとポロ競技の愛好者なのでしょうか?(いまさら
ながらの疑問ですけど)
いずれにしろ今年1年、結構目を楽しませてくれました。

関係ありませんが有馬記念は大荒れでしたね。
もちろん大損しました・・



by どいImage19.jpg

出版の仕事に携わっているせいもあるの
ですが、どんな本がいま売れているか
は常に気になります。
いろんな意見はあるかとは思うのですが
今年一番話題になった本といえば・・・
個人的には「ホームレス中学生」ではないかと
思います。
ご存知の方も多いとは思いますが、吉本
所属のお笑いタレント麒麟の田村さんが
家族とのエピソードを中心に実体験を
つずった本です。
借金で家を失い、家族バラバラに暮らすことに
なり、中学生時代に数日間のホームレス体験
をしたことがテレビのバラエティー番組で紹介
されたため、よりこの本の人気に拍車をかけた
ようですが、実際には死別した母親と家族の
絆が話しの中心のようで、そこが感動をよんで
いるようです。
母親との絆で思いだしましたが、昨年のいま
頃もリリーフランキーの「東京タワー」が話題
になっていましたね。
事実は小説より奇なりと言いますが、どんな
フィクションより実話にはかなわないという
ことでしょうか。

31943125[1]


by どい
2007.12.14 チュ~チュ~
日比谷駅での出来事

が来るのを待つ間ベンチに座って、
隣にある自販機のゴミ箱に気配を感じ、目を向けると…    

 『ど~も~日比谷のネズミです~

 『いつもお世話になってます~。イヤ~おなかすいちゃってー、出てきちゃった~

この日から日比谷駅での探しプロジェクトが始動
まさにアンダーグランドでの活動です
今までに出会えてた過去成績は2回。
銀座線から千代田線への連絡通路がベストポイント
一緒に階段をのぼっちゃうなんてことも

来年は鼠年 やさしく見守ってあげよう
ネズミ
『ネズミになっちゃった
久しぶりに取材で乗馬クラブにおじゃましました。
伺ったのは、静岡県にあるヤマハつま恋乗馬倶楽部
です。伺った当日は、ビギナーの方でも気軽に参加できる
競技会が行われていました。
午前中は馬場、午後は障害競技が行われていました。
気軽な競技会とはいえ、参加したみなさんは心なしか少し
緊張していたようです。
しかし、緊張していたとはいえ、みなさん大好きな乗馬
ということで、どなたも馬に乗っている時の活き活きとした表情が
印象的でした。

Image0111.jpg

また、幼稚園児から年配の方まで参加され
ていて、改めて年齢に関係なくできるスポーツ
なんだと実感しました。
特に印象的だったのはちいさなお子さんが
大人顔負けに馬を乗りこなしているのに
驚きました!
ギャラリーがもっと増えれば(野球やサッカー
とまではいかなくても)もっとスポーツと
して盛り上がるのでしょうが・・・
今後もこのような大会が各地でどんどん
増えるとよいなと感じた1日でした。
Image0171.jpg


by どい
またまた、変わった名前の競走馬がデビューした。
その名もずばりソンナノカンケーネ!
命名した馬主の加藤信之さんによると競馬人気を復活
させようと話題性のある名前をつけたかったそうで、あのお笑
い芸人小島よしおのギャグ「そんなの関係ねぇー」から
命名したとのことで、実はJRAの馬名登録にはソンナノカン
ケーネー オッパッピーで申請したそうだが、馬名の規定
では9文字以内という決まりがあり今の名前になったそう。
すでに2戦しており、いまのところ残念ながら着外に終わって
いる。

ちなみにこの馬主さんは、他にもルーズソックス(引退)や
マジヤバーイ(現役)などユニークな馬を所有している。
ユニークな馬名を命名する馬主さんといえば小田切有一さん
が有名だけれど、いつの日か珍名の馬ばかり集まったレース
が行われたら実況するアナウンサーもさぞ大変だ。

サケダイスキ頑張った。
モチが粘る。イカガデスカ。
おっと大外からアシデマトイ。
横一線から
コマッタモンダ。
いやドンダケー。
ソンナノカンケーネ!
オレハマッテルゼ!
ギンギラギンにオレノウマ、マジヤバーイ。
頭差ゴールイン!

by ドイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。