上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.30 路上のマナー
またまた、馬と関係ない話題です。
会社のある銀座は、海外のブランド
ショップや老舗の洋食屋などが所狭し
と並んで、平日でもすごい人だかりです。
そんな人込みの中をぬって歩くのもひと
苦労なんですが(ま、そこまで大袈裟
ではありませんが)そんな状況でいつも
感じていることがあります。
それは、たまに見かける歩きたばこをする
人です。

東京都は、地区によって条例で、歩きたばこが
何年か前に禁止になりましたが、それでも
たまに歩きたばこをする人を見ると、たばこ
を吸わない自分にとって、とても不愉快な
気分になりますね。

歩きたばこと並んで前から危険だと思って
いるのが歩道を全速力で自転車で走る人です。
過去に何度か自転車と衝突しそうになった
こと経験があり、なんとかならないのかと思って
いたのですが、最近銀座の路上でこんな看板
をみかけました。

Image018.jpg


それには「歩道での自転車走行禁止」と書いて
ありました、おお、銀座地区(銀座通りだけ)
歩道を自転車で走るのは禁止になったようです。
これは、とても朗報ですね。
これで、銀座の路上も安全に歩けるような気が
する今日この頃です。


追伸、ハンドボール女子負けてしましましたね。
男子に期待しましょう。

by どい
スポンサーサイト
メジャースポーツに限らずスポーツ観戦は楽しいものですが、
マイナースポーツに関してはテレビ放映がほとんどないので
(視聴率がとれないので仕方ないとは思いますが・・)
一般に見ることが難しいですね。馬術などは日本では悲しい
かなマイナースポーツの部類にはいりますが、同じくハンド
ボールなどもマイナースポーツにはいるのではないかと思い
ます。

このハンドボールがいま注目をあびているようですね。マスコミ
で報道されている通り北京オリンピックのアジア予選で、疑惑
の判定が行われ国際協会の審議の結果、晴れて再試合が行われ
ることになったようです。今回のドタバタ劇でハンドボールが
一般に注目をあびるのもなんだか皮肉です。

ところで、なんで疑惑の判定があったのか興味があったので調
べてみたのですが、そもそもアジア地域を統括するアジアハン
ドボール連盟(AHF)は、クウェートの王族によって組織が支配
されていて中東諸国の関係者によって重要なポストが占められる
ようです。アジア大会の日程、審判については協会の意向により
決められる事から、中東圏の国のチームに有利な運営がされて
いるのが現状のようです。これは、審判の選定やその試合中の判定
においてあきらかで、この不可解な判定は通称『中東の笛』と呼ば
れているようです。

昨年、日本で行われた男子予選のクウェート対韓国戦では、当初国際
ハンドボール連盟(IHF)の指示によりドイツ人の審判団の予定が、
AHFのごり押しで、中東のヨルダンに変更となりこの試合ではあまり
にもひどい判定から、観客席からブーイングが発生したそうです。
同じくクウェート対日本戦においても、ドイツ人からイラン人へ審判団
の変更がされ、勝負どころで不可解な判定が頻発したそうです。これが
今回の事件の一連の経過です。

ただし、AHFはこのやり直しの五輪予選に参加した地域には制裁を
課すなどとした、脅迫をAHF加盟国に行ったそうです(日本ハンド
ボール協会はAHFから、除名処分に)。
う~ん、スポーツの世界に政治問題をもちこんでもらいたくないも
のです。


By どい

2008.01.20 ブラピ
前から気になっていた映画があったので
久しぶりに映画館に行ってきました。
その映画は、いまやハリウッドを代表する
俳優となった観のあるブラッド・ピッド主演
最新作「ジェシー・ジェイムズの暗殺」
という映画です。
「馬」が登場する映画といえば、西部劇
が思いうかびますが、この映画はコテコテ
の西部劇ではなく一人の人物像にせまった
映画です。
日本人にはピンときませんが、ブラピ演じる
ジェシー・ジェイムズはいまだにアメリカでは
アウトローにも関わらず英雄(?)として語り
継がれる人物のようです。
物語は、銀行強盗や列車強盗を繰り返し
お尋ね者として逃亡を重ね、仲間に暗殺
される最期の半年間を淡々と描いています。
観終わった感想ですが、主人公のカリスマ
性と人間的な弱さをブラピが見事な演技力
で演じていて関心させられました。
余談ですが、でも、この手の映画って日本では
ヒットしないんでしょうね・・・

20071126002fl00002viewrsz150x[1]



by どい
2008.01.16 銀座のビル
会社のある銀座は、海外の洋服ブランド
の本社ビルが立ち並んでいる。ここ数年
建設ラッシュで、特に銀座の目抜き通り
である銀座通りには、「どうだ、これでもか」
と言わんばかりにそれぞれ個性的なビルが
立ち並んでいる。
その中でも、特に度胆をぬかされたのが
写真のビルだ。ダイヤモンドで有名な
デビアス社のビルらしいのだが、ご覧のとおり
あたかも地震でゆがんだように建物自体
が湾曲している。
「ここまでやるかあ」って感じだが、他人
事ながら、強度は大丈夫なんだろうか?
あ、馬と関係ありませんでした・・

びる1


by どい
このブログを始めて早1年になりました。
インターネットが普及してから、世の中有名人から
一般の人までブログが流行していますね。
実際やってみると、毎日書くのはほんとう大変です。
(まあ、かなりさぼってるのですが)
そんなわけで、有名人のブログを参考にしたりする
のですが、個性がでていて参考になります。
中でも面白いのが、元プロボクサーのタレント竹原慎二さん
のブログはほんとシンプルですね。
お笑いタレントの人がネタにしていたので興味をもって
のぞいてみたのですが、ある日のブログはこんなかんじ
です。

(福岡を旅した日のブログ)

今日はつけ麺じゃ







豚骨ラーメン

発祥の地は






久留米らしい







じゃあの。



これだったら自分も毎日書けそうです。
じゃあのう。

by どい

竹原慎二さんのブログ

http://ameblo.jp/shinji-takehara/html
2008.01.05 初詣
新年も、もう5日がたちましたが、初詣の話を。
ほとんどの方は、決まった神社や寺院に初詣
に行かれると思いますが、自分の場合は賭け事
をやるせいか、勝運に御利益のある神社に初詣
に行っていますねぇ。

乗馬をやっている方は、騎乗中に事故がないよう
に1年間の安全祈願をされるのかと思いますが、
滋賀県にある賀茂神社は「馬」にまつわる全国でも
珍しい神社のようです。
なんでもその由来は、近江に都が置かれた頃、
天智天皇(668年頃)は馬事の振興を目的に、
全国にある皇室の御領地の内の三カ所に全国で
初めての国営の放牧場を設けられました。
そのひとつが、近江一帯だったようです。
この周辺は馬の調教や薬草の生息する肥沃な
土地柄で適していたようです。
賀茂神社のお宮は、いまでも変わらず全国随一の
馬・馬事の繁栄と安全等の守護神として見守られて
います。
今でも、乗り手の技術の進歩を競う為の競馬神事足伏
走馬が、古式の形を色濃く残す行事として行われている
そうです。当日には現在の形式の競馬も行われ、馬文化
を継承しています。(しかし、そんなに古くから競馬の
ルーツがあったとは驚きです)
また、新年1/13には全国の馬や馬事従事の方・乗馬ク
ラブの方が健康で一年間を過ごせるよう、馬事の発展と
安全を祈る新年馬乗初式・全国馬関係者安全祈願祭が
全国随一の行事として行われているとのことです。

興味のある方はホームページをのぞいてみては
いかがでしょう。
賀茂神社のホームページ
http://www.biwa.ne.jp/~y-okada/

by どい
2008.01.02 抱負
明けましておめでとうございます。
2008年もよろしくお願いします。
昨年は、ブログの更新も遅れ気味
でしたが、今年はできるだけまめに
更新していきたいと思います。(汗)
日々の出来事を、つれずれなるまま
書くのは簡単なのですが、馬に関わる
テーマを書こうとはじめたブログですの
で、できるだけ馬に関わるネタを探して
今後も書いていこうと思います。
と、言いつつも競馬好きの自分として
は、馬と言っても競馬に関わることに
なってしまと思うのですが、そこは
広い心でお願いします。

2008年の1回目に何を書こうか迷った
のですが、前にも触れたかと思いますが
趣味でやっている一口馬主のことを書こう
と思います。
一口馬主に関して、ご存知でない方もいる
かも知れないので、簡単に説明しますと
JRAの馬主資格をもつオーナークラブが
提供する馬に対して出資者を募集して
共同で1頭の馬を所有し、レースに勝つ
と、その配当を出資者に分配してくれる
というシステムです。もちるん、どの馬に
出資するかは、出資者の自由ですので
馬を見る目が求められます。そこが一口
馬主の面白さでもあるのですが。
一口馬主をはじめて、早4年が経つのですが
自分が所属している某オーナークラブでは
通算6頭の馬に出資しました。
そのうち4頭は、すでに引退しておりいまだ
1勝もできないままです・・
予想はしていましたが、1勝するのがこんな
に大変なことなのか、はたまた馬を見る目
がないのか?
残りの2頭は、明2歳馬でうまくいけば今年
デビューを飾る予定です。
そのうちの1頭が写真の馬です。競馬に
詳しい方ならご存知かと思いますが、父親
は重賞で活躍したマヤノトップガンです。
母の父もフォーティナイナーと血統面では
文句のない血統です。しかもひと足先に
デビューした姉のキスアンドクライもみごと
2戦目で勝ち上がりました。
今年の抱負はこの馬で勝ち上がること
です。
以上、妄想がらみのブログでした。

ka002[1]


by どい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。