上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前このブログで、盲目のサラブレッドタカラコスモスと青森県にある
三本木農業高校の馬術部生徒の交流を描いた実話「私、コスモの
目になる」が映画化される話しを書きましたが、このたび撮影が無事
クランクアップしたと製作スタッフの方からご連絡いただきました。
と、言うのもクランクインする際に製作の方から劇中で馬術部員が
乗馬ライフを読むシーンがあり、雑誌を撮影用に貸してほしいとの
依頼があり、微力ではありますが撮影協力というかたちで乗馬ライフ
をお貸ししたわけです。

映画のタイトルはずばり「三本木農業高校、馬術部」で、昨年の4月に
青森県十和田市でクランクインして、1年の歳月をかけて青森の四季を
織り込み撮影されたそうです。
主演の女子高生を演じる長渕文音さん(歌手長淵剛さんの娘さん)
をはじめ、柳葉敏郎さん、松方弘樹さん、原日出子さん、黒谷友香さん他
豪華キャストです。映画の見どころの一つでもある馬術大会のシーンでは
長渕文音さん本人が障害にチャレンジしたとのこと。
もちろん、三本木農業高校馬術部の生徒さんたちも出演しているそう
です。公開は、今年の秋頃全国東映系の映画館で公開予定をしている
そうです。
映画好きの自分としても公開が楽しみです。
200705072024_070501_img[1]


画像は東北新社のホームページより

by どい
スポンサーサイト
2008.02.18 あの季節…
今年も1年を通じて最も憂鬱な季節がやっ
てきました。
ここまで書けば、同じ悩みをもつ人はピン
とくるかと思います。
言わずもがなですが、花粉症のことです。
この時季になると鼻はむずむず、
目はかゆく何をやるにも集中力を欠いて
しまいます。
なんでも今年は、昨年に比べて3倍以上
の花粉の飛散量のようです。
残念ながらまだこれと言う特効薬はない
ようです。
人間だけの病気だと思っていたのですが、
どうやら馬にも花粉症に似た症状がある
ようです。
馬はなにか要求(えさなど)がある時にヘッ
ドシェイキングと言う行動のをするのが知ら
れているようですが、実はこの首振り動作は
花粉症の発生する時季に多発することが多く、
アレルギー性鼻炎(花粉症)が原因ではない
かと言われているそうです。

あなたの近くの馬で首振りを頻繁にしている
馬がいたら、その馬は花粉症かも知れませんね。

by ドイ
2008.02.13 オリンピック
ニュースでご存知かと思いますが、北京オリンピッ
ク馬術日本代表の出場が内定しましたね。
障害は、団体枠での出場はなりませんでしたが個人
で杉谷選手、佐藤選手。馬場では団体でアジアオセ
アニア地区予選でオーストラリアに次いで2位になり
出場が決定的になりました。
中でも最高齢で出場となる法華津選手は64年の東京
オリンピック(障害)に次いで2回目のオリンピック
出場とのことでマスコミでも大きくとりあげられて
います。馬術競技が一般に興味をもってもらえるこ
とは雑誌に携る者としてはとてもうれしいことです。
なんと馬場馬術団体での出場は1964年以来44年ぶり
ということですから選手の喜びもひとしおではないで
しょうか。
「ひと安心という気持ち。目標を持てば多少は若くいられる。
同世代の人がそう感じてくれればいい」という法華津選手
のコメントもとても感動的でした。
もちろん他の選手にも頑張ってほしいです。
他のスポーツ競技と比較して男女差がなく馬との人馬
一体が求められる特殊な競技ではありますが、見る
スポーツとして一般に広く認知されるとよいと思い
ます。

by ドイ 
2008.02.12 トキノミノル
「トキノミノル」を知っていますか?
今も語りつがれている伝説の名馬です。
中央競馬のレースには競走馬の名前が
冠になっているレースがありますが、
その中のひとつが、今週日曜日に行われた
3才馬の重賞レース共同通信杯(トキノミノル
記念)です。
共同通信杯からは、過去にはミスターシービー
やナリタブライアンなどダービー馬を輩出
しています。
トキノミノルは、皐月賞、ダービーの2冠を制し
ダービー後、当時不治の病とされた破傷風を発症
し、生涯成績10戦10勝の無敗のまま惜しまれつ
つ世を去った名馬です。なんとダービー以外は
すべて圧勝という無敵の強さだったそうです。
オーナーは映画会社大映の社長だったことも
ありその生涯は「幻の馬」という映画にも
なったそうです。
今も東京競馬場のパドック横にはトキノミノル像
があり、その顔は果たせなかった1冠菊花賞の行われる
京都競馬場の方向を向いているそうです…

それにしても今年の3才馬のクラッシック戦線
は渾沌としていますね。
第2のトキノミノルのような馬が出てくること
を祈ります。

by どい



160px-Statue_of_tokinominor.jpg

保険会社の第一生命が、一般の人の公募による川柳
のコンテストを行っている。
全国から集まった作品から厳選した100点が選ばれて
おり、その中から最優秀賞が決まるようで、現在ホーム
ページ上では人気投票がおこなわれている。
どれも力作ぞろいで、短い文章の中に世相が詠まれて
いてとても面白い。

その作品はといえばこんなかんじだ

●へそくりを 内部告発 する息子
●部下思い 思うだけでも けむたがれ
●温暖化 おなかの肉は 段々化
●エコバック 集まりすぎて ムダバック
●花粉症 ボクはハナカミ 王子です 
●ご自由に お取り下さい 皮下脂肪
●「今帰る」 妻から返信 「まだいいよ」
●空気より 漢字を読んで 頼むから
●環境に やさしくなれる 原油高
●ニヤケるな! ハニカんだのが 怒鳴られた
● 国民の 年金、損なの 関係ねえ 官僚
●デパ地下へ 家族みんなで つまみ食い
●日替の 謝罪会見 今日はどこ?
●暗算の 力が落ちて 概算で 福間ちゃんぽん …

なかなかするどい視点ですね。

最近は、馬と関係 ないブログ

by どい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。