上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.31 ウマザイル
秋競馬の季節到来。これから年末にかけては
競馬のG1レース(重賞レース)が続き競馬
ファンにとってたまらない季節です。

今週の週末に行われる天皇賞には、ウォッカ
やダイワスカーレット、ディープスカイなど
G1馬が参戦して豪華な顔ぶれです。
また、この日ユニークな馬名で話題のウマザイル
が新馬戦でデビューするようです。
名付け親は、あのエグザイルだそうです。
きっとこの日は、多くの競馬ファンが東京競馬場
につめかけることかと思います。

東京競馬場の名物といえばゴール前のフジビュー
スタンドが有名ですが、一部の競馬ファンのあいだ
で話題になっているのが、フジビュースタンド内に
あるファーストフード店ト-キューカフェ&ベーカリー
(名前が間違っていたらすいません)で売られている
大穴ド-ナツと本命ドーナツです。
どちらも通常のドーナツの2倍はあろうかという大きさ
です。大穴ドーナツは真ん中のアナが非常に大きく
本命ドーナツの方は、真ん中のアナの部分にもうひとつ
ドーナツがはいっている(二重丸)という代物です。
東京競馬場に行く機会があったら食べてみては
どうでしょうか。
なんてお店の宣伝をするつもりはないのですが。

by どい20080202132109.jpg
スポンサーサイト
2008.10.23 金の馬
スポーツの秋たけなわですが、野球好きの自分として
はプロ野球に注目しています。
現在、今年のプロ野球日本一を決める日本シリーズ出
場をかけてセパ両リーグではプレーオフが行われています。
一足先にパ・リーグは、今年のリーグ覇者の西武
が出場を決めました。
一方、セ・リ-グは3位通過の中日が、阪神に劇的
な勝利をして、リーグ覇者の巨人と戦いを繰り広げて
います。
オリンピックもそうですが、スポーツは本当に筋書き
のないドラマだなぁと改めて思います。
優勝者には金杯がつきものですが、ネットでユニークな
金の馬を見つけました。

金の町で知られる金沢にあるその名も金箔屋本舗という会社な
のですがここでは、色鮮やかな金の馬が売られています。
お祝事に、金の馬とはなんとも縁起のよいアイテムです。

by どいg-124a.jpg
2008.10.10 三国志
三国志のなかでも歴史に残る戦い「赤壁の戦い」を映画化した
「レッドクリフ」が近く公開されますね。
監督は、「MI2」「フェィスオフ」などのハリウッド映画でもお馴染みの
アジア映画界を代表するジョン・ウ-監督が、100億円の巨額を投じた話題作
です。また、香港のスターに混じって日本からも金城武や中村獅童などの俳優
が参加しているのも話題です。

「赤壁の戦い」は、中国三国時代におきた曹操軍80万 と 孫権軍、劉備軍の連合
軍5万の戦いで、圧倒的不利な状況を覆すため、連合軍の軍師孔明が亀の甲から
ヒントを得た奇策「九官八卦の陣」がひかれました。

この映画の中に登場する劉備軍の武将関羽の愛馬赤兎馬は、「一日に千里を走る
馬」の言い伝えで知られています。
この赤兎馬のモデルとなった汗血馬は古代中国(正確には中央アジア)に生息し
ていたと言われていて、なんでも赤い汗を流すことからこの名前がつけられた
そうです。
話しは戻りますが、赤兎馬は主人である関羽の死に直面すると自ら食を絶ち
死んでいったと伝えられています。
なんともはかない話しです・・

by どい

映画の公式ホームページ
   ↓
http://redcliff.jp
2008.10.04 秋競馬
スポーツの秋到来ですが、競馬ファンにとって
これから年末にかけては競馬の重賞レース
が行われ、ワクワクする季節です。

今週の週末には、国内でG1レースが行われます
し、フランスでは世界最高峰のレースとして知られ
る凱旋門賞が行われます。
凱旋門賞には、日本からディープインパクトをはじめ
多くの馬が参戦していますが、残念ながらまだ勝利
した馬はいません。今年は、メイショウサムソンが
武豊騎手で挑戦しています。
世界の強豪相手にがんばってもらいたいものです。

私事になってしまいますが、趣味でやっている
一口馬主(共同で馬を所有する)で出資している
愛馬フォーレイカーが、土曜日に行われた重賞
レース(札幌2歳ステークス)に出走しました。
調教の際に軽いソエ(骨膜炎)を発症したと聞いて
いたので、出走も危ぶまれたのですがレースには
なんとか無事出れました。
結果は、14頭たての8着と残念な結果に終わり
ましたが、なにごともなく無事レースを終えてくれ
たのでほっとしました。
今度は、万全な状態でレースを迎えてくれれば
よいなと思っています。


by どい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。