上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年も最後の1日になってしまいましたが
自分なりにこの1年を振り返ってみたいと思い
ます。
日本漢字検定協会が発表する今年1年を象徴する
漢字は「変」でした。
確かにアメリカでおきたサブプライム問題を発端として
世界的に経済危機にみまわれ、多くの企業の倒産
やリストラが吹き荒れた激動の1年でした。

馬術の世界でいえば4年に一度のオリンピック
が北京でおこなわれ、馬場の方では団体として日本
チームがアジア枠の予選を勝ち抜き出場を果たしました。
障害や総合の方も個人枠で出場し健闘しました。
なんと言っても馬場の法華津さんが、最高齢で出場して
多くのメディアで取り上げられ馬術が話題になりました。

仕事柄、本の話題といえば血液型の性格分析の本
がベストセラーになったことがもっとも印象的でしたね。

最後に私事ですが、今年も競馬にはまった1年でした
馬券の種類が増えたことでよりギャンブル性が強く
なり毎週のようにとんでもない倍率の馬券が飛び出す
ようになりましたね。もちろん収支で考えたら大幅な
マイナスなんですが。
一方でディープインパクト以来、スターホースと呼べる
馬が登場しなくなり、その意味では観戦する楽しみ
が減ったような気がして少しさびしい気がしました。
それと、共同で出資している愛馬フォーレイカー
が札幌競馬でデビューしデビュー戦を勝ったこと
が自分の中で今年1番の朗報でした。
来年はクラッシックレースに出れるように頑張って
もらいたいものです。

かなりの長文になってしまいましたがヒマつぶし
に来年もこのブログを読んでいただけるとうれし
いです。

by どい
スポンサーサイト
2008.12.24 メリー Xmas
24598.jpg

by どい
馬の話題からズレるのですが、先日来年3月
に行われるWBC(ワールドベースボール
クラシック)の第一次日本代表候補が選ばれ
ました。
で、選ばれた選手について一野球ファンとしてグチ
りたい事があります。
第一回大会で活躍した選手や今年の北京オリン
ピック代表選手、下馬評で代表当確と言われて
いた選手もかなり落選していました。

もちろん、人が選ぶ事ですから賛否両論はある
かと思います。
しかし、どうひいき目にみても大舞台で活躍
できるのかなぁ?と思う選手も選ばれていま
した。(あくまでも個人的見解ですが)

なんで、こんな事をグチっているんだろうと
よくよく考えてみたらアンチ巨人派の自分
としては巨人の原監督が代表監督に選ばれた
時点で興味が半減した訳です。

ま、前回と比べイチロー、松坂、岩村
城島などメジャーリ-ガ-も多く参加して
いるのでどんな試合をしてくれるのか楽しみ
ではあります。

by ドイ
2008.12.12 流行語
例年恒例となった今年流行した言葉に贈られる
「流行語大賞」。
今年の栄誉?に輝いたのは、「アラフォー」だそうだ。
流行にうとい自分としては、アラフォーって何だろう?
世間のほとんどの人は、解っているんだけれど。。。
これはまずいと思って調べてみたら、ドラマ「アラウンド40」
がもとになっているよう。つまり40歳前後の女の人を指し示して
使う言葉だそうです。
自分としては流行ってないんですが、世間一般ではたぶん流行って
いるのでしょうか。

馬とは関係のない話題でしたが、本誌でもおなじみの
S牧場さんの写真で気になった馬がいたのでお借りして
ブログで紹介させていただきます。
まるで牛のような毛並みの馬のようですが、何と言う
種類の馬なんでしょうか?

by どいnao-apa.jpg
2008.12.05 馬映画
最近見た映画で、馬が登場した映画と言えば
「ブーリン家の姉妹」です。
映画は、英国の王朝の話しなのですが、ヘンリー
王には後継者となるべき男の子供が生まれません。
そんな中、王朝に出入りするブーリン家が実の娘
を使って莫大な財産と地位を狙うという、なんとも
おぞましい話しです。
主役を演じるナタリー・ポートマンの乗馬シーン
も出てくるので馬好きの人にも楽しめると思い
ます。
話しは変わりますが、英国で生まれたサイドサドル
という騎乗法ですが、あの騎乗法誕生の秘密を
ご存じの方も多いかと思いますが、一説には夜の
お仕事?に差し支えがないように大事な部分に
負担がかからないようにと生まれたとの事です。

by どい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。