上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.27 ブエナビスタ
先週の日曜日に行われた牝馬のG1レースオークス
は、最強3才牝馬の評判どおりブエナビスタが圧倒的
な強さで勝ちました。
久しぶりに全国の競馬ファンを唸らせる強い馬がでて
きたな~と言う印象です。
ニュースで御存じの人も多いとは思いますが、ブエナ
ビスタは共同馬主でお馴染みのサンデーレ-シング
の所有馬です。その一口馬主の一人がアナウンサーの
草野仁さんのようです。
優勝した際のウィーナーズサークルの報道写真には
草野さんの喜ぶ姿が写真におさまっていました。
草野さんの競馬ファン歴は長いらしく、過去には
ダンスインザダークやダンスインザムードなどの
G1馬の一口馬主にもなっていたそうです。

同じ一口馬主をやっている自分としては、羨ましい
限りです…

by どい
スポンサーサイト
過去のブログを読み返してみると、いまさらながら
競馬ネタが多いのを実感する。
もともと馬にまつわる事をテーマにはじめたブログ
なので競馬好きの自分としては想像はついたのだけ
ど…
と、言い訳をしつつまた競馬ネタです。
今年の3才馬の競馬を見て感じることは、牡馬では
アンライバルド、牝馬ではブエナビスタが他馬を
おさえて頭ひとつ抜けた感じがする。(3才の場合
は夏以降の成長があるので、あくまでも現時点です)
今週末には、牝馬の3冠レースのひとつオークスが
あり、もちろんブエナビスタが桜花賞に続いて2冠
を獲得できるかが最大の話題です。
今日のニュースによると、オースクを勝つたら凱旋門
賞に挑戦のプランが浮上しているとの事。
牡馬のアンライバルドともども久しぶりに強い3才馬
の登場で競馬ファンには目が離せません。


by どい
2009.05.12 黄金の馬
世界各地には様々な品種の馬がいて、聞いたこと
もないような馬もいて改めてその種類の多さに
驚きを感じます。
先週行われた日曜日の競馬で変わった名前のレース
がありました。その名も「アハルテケステークス」
という名前で、「いったい何のことやら?」と
思って調べてみたら、実は馬の名前でした。
馬の図鑑で調べてみたら、知る人ぞ知る有名な馬らしく
世界でも最も特色のある有名な馬だそうです、イラン
北部のトルクメン砂漠周辺に生息する馬で、いまから
3000年前にここで育種され主に競馬に使われていた
そうです。
また、1935年には2580マイル(4128キロ)を84日
間で走り抜ける偉業を達成したとの事。中でも砂漠地帯
960キロも含まれていたとの事ですからなんとも驚き
です。
一説には、中国に伝えられている1日千里を走る汗血馬の
ルーツとも言われているそうです。
もう1つの特徴が、「黄金の馬」と言われているその
毛色です。メタリックのような河原毛は、日光のもと
では、とても美しく見えるそうです。
馬は奥が深い・・




by どいあはる
2009.05.06 ホースショー
全国各地で馬にまつわるイベントが行われて
いますが、そんな中でも国内で最大の馬の
イベントが、東京の馬事公苑で毎年ゴールデンウィーク
の間に行われるホースショーです。
今年も5月3日から5日にかけて行われました
が、期間中は馬術競技やポニー競馬、体験乗馬
など馬と触れ合えるイベントが行われ、連日多くの
人でにぎわいました。
乗馬ライフもブースをかりて、最新号やバックナンバー
を販売してたくさんの方に来店していただきました。

もっとこういったイベントが増えると馬に興味を
もつ人が増えると思います。^^

Image008.jpg

by どい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。