上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.01.23 マシュマロ
マシュマロ知ってますか?
もちろん、食べ物のマシュマロでは
ありません。
昨年の11月に中央競馬でデビューした
白毛の競走馬のことです。

不覚にも競馬好きの自分もつい最近
知ったのですが。
白毛の競走馬といえばユキチャンや
ホワイトベッセルが有名ですが、
このマシュマロは、ユキチャンや
ホワイトベッセルを兄弟にもつ
クロフネ産駒です。
その美しい容姿もさることながら
デビュー戦を快勝し、先週末に行われた
22日の競馬で輝かしい2勝目をかざり
晴れてオープン馬の仲間入りをはたした
ようです。

白毛の競走馬自体珍しく、見た目も
美しいので男性競馬ファンはもとより
女性のファンにも今後支持を集めそうです。

関西所属の馬ですが、関東の競馬場に
参戦する際は観戦に行きたいものです。

by どい
00f9b5bc97ba3c3d4efa8f7a81418a44[1]

スポンサーサイト
前回に続きまた映画の話題です。

映画好きの人は、ご存知の方も多いの
ではないかと思いますが、一部の東宝系の
映画館で実施している、かっての名画
をスクリーンで限定的に上映する
「午前10時のロードショー」なる企画
が好評のようです。

好評な理由として、現在の興業大人料金
1800円に対して特別興業料金1000円という
のが魅力のようです。
値段もさることながら、やはりかっての
名画を大きなスクリーンで見れるという
のが最大の魅力ではないでしょうか。

そのラインアップ50本が、写真の作品
なのですが(反射して少々見にくい‥)
中には「荒野の7人」「シェーン」「荒野
の用心棒」など馬の登場する映画も含まれて
います。
50本全部見るのはなかなか大変ですが
何本見れるか。楽しみです。

by どいIMG_9797.jpg
2012.01.02 2012
あけましておめでとうございます。
新しい年がスタートしました。

これは勝手な私観ではありますが
毎年新しい年を迎えるたびに感じる事なの
ですが、正月らしさが昔ほど感じられなく
なったのは僕だけでしょうか。


ひとつには、世の中が便利になり過ぎて
食べ物屋を中心としてほとんどのお店が平常どおり
に営業してるので、正月といっても特に不便を
感じなくなったことが大きいのではないでしょうか。

強いて唯一正月らしさを感じるのは初詣くらい
でしょうか。

前置きが長くなりましたが、映画好きの自分としては
正月といえば映画をまとめて見れる機会なので
例年この時期は、時間の許す限り好きな映画を見まくり
ます。
と、いっても新作に関しては今年はあまり見たい映画が
ないので今年はどうしょうかと思っていたのですが
昔の名作を上映している映画館があったのでそれを
見ることにしました。

そんな1本が1960年代につくられたイタリア映画「ひまわり」です。
戦争によって引き裂かれた夫婦の悲哀を描いた
名作です。DVDやテレビ放送でしか見たことがなかったので
改めて劇場のスクリーンで見るのもよいものです。
そういえば、いまから10年くらい前までは、昔の映画
を気楽に楽しめる名画座なるものが都内にも何軒かあった
のにいまは存在しませんね。

そんな感慨にふけった瞬間でした。

馬に関係ない文章失礼しました。

by どい








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。