上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
馬の仕事リクルートページ更新しました。
バナーボタンをクリックしてご覧ください。
スポンサーサイト
●乗馬ライフ2012年11号

11.jpg


特集『秋の外乗』
・カナディアンキャンプ八ヶ岳
・紅葉が楽しめる外乗スポット

第2回いいとき乗馬トレッキング大会2012

障害者のための乗馬インストラクター用ガイドライン
バックブラナマン自伝『馬とともに生きる』

連載コラム
乙女達のグランギャロ
あの馬を訪ねて
広田龍馬のざっく馬らん
馬鏡
ウエスタンビッツトーク

ハウツー(エンデュランス、ウエスタン)

全国の取扱い乗馬クラブ、乗馬用品店にて発売中!
全国の書店で9/27発売予定。

小社オンラインショツプでも購入できます。
http://ms00224188.my-store.jp/
横浜根岸にある馬の博物館では10月に下記
の展示イベントを予定している。

●平成24年度 馬の博物館企画展示
『スーホの白い馬と草原の民』
日本モンゴル外交関係樹立40周年記念事業

◎会期:平成24年10月6日(土)~12月2日(日)
◎後援:駐日モンゴル国大使館 NHK横浜放送局
神奈川新聞社 日本中央競馬会
◎内容:
『スーホの白い馬』は、モンゴルの民話に想を得た児童文学の名作。
広く親しまれているこの作品の原画や作者・赤羽末吉さんのスケッチ、
民俗資料、そして体験コーナーを通じ、『スーホの白い馬』の物語と、
遊牧の民と馬に焦点をあて、広大な草原で悠久の時の流れを越えて伝え
られた生活や文化を、子供たちにも親しみやすく紹介する。

geru.jpg


◎展示資料 
赤羽末吉『スーホの白い馬』原画 ちひろ美術館所蔵
赤羽末吉 デッサン「モンゴルの人」 ちひろ美術館所蔵
馬頭琴 国立民族学博物館所蔵
馬乳酒のまつり(模写)オルホン 国立民族学博物館所蔵
馬乳酒の製造道具 馬の博物館所蔵
モンゴルの春の1日(部分) セレゲン 国立民族学博物館所蔵
ゲルの展示国立民族学博物館 所蔵
体験コーナーでは モンゴルの民族衣装の試着もできる。

◎入館料:大人200円 小・中・高校生30円

○内容・日程などは諸事情により変更になることもあり。
馬の博物館 231-0853横浜市中区根岸台1-3  
℡045-662-7581 (担当:学芸部)
URL http://www.bajibunka.jrao.ne.jp

同時開催:テーマ展 「東山魁夷展 白い馬と風景のハーモニー」
戦前の修業時代から馬に親しみ、中山競馬場近くに居を定め、
馬の表現にとり組んで来た東山魁夷画伯の美しく幻想的に馬を描いた
作品10数点【市川市東山魁夷記念館および馬の博物館の所蔵】を展示。

※10月21日の日曜日には、馬と触れあうイベント「馬とのつどい2012」を開催

http://www.bajibunka.jrao.ne.jp
センタードライディングとは、アメリカで故サリー・スウィフト女史が自身の体験
の中から長い年月をかけて築きあげた精神的と身体的なイメージをベースにした、
すべてのライダーに提案したい乗馬へのアプローチでライダーの内面の自覚による
センター(体の中心)からのアプローチと、ライダーと馬との一体化したバランス
へのアプローチ方法だ。
馬にとっては、ライダーと調和し、ストレスや痛みを増幅させることもなく、楽しく
自由に動く事が出来、運動を効果的なものにする。
正式に認定を受けたセンタードライディングのインストラクターからのレッスンかクリニ
ックを受けることが、一番自分と自分の馬のニーズに合ったお勧めの体験を得られる方法だ。
4つの基本である「センタリング」(自分のセンターを探す)、「呼吸」(人馬一体に呼吸法)、
「ソフトアイ」(視野を広げてリラックス)、「ブロック積み」(体全体のバランス)について
学べるセミナーがこの秋開催される。

7人の 日本人 センタードライディング Level1インストラクター
・石沢 崇幸 ララミー牧場・八ヶ岳乗馬会 所属 (山梨県北杜市小淵沢町)
・吉澤 弘和 伊豆下田乗馬クラブ 所属 (静岡県賀茂郡南伊豆町)
・伴 美恵子 四街道グリーンヒル乗馬クラブ 所属 (千葉県四街道市大日)
・中沢 理恵 横浜乗馬倶楽部 所属 (神奈川県横浜市神奈川区)
・土谷 麻紀 つばさ乗馬苑 所属 (埼玉県日高市大谷沢)
・黒田 朋子 ハローヒポ 所属 (群馬県安中市松井田町)
・大豆生田 真弓 フリー (山梨県小淵沢市在住)


会場:四街道グリーンヒル乗馬クラブ (TEL:043-421-3163)
① 10月20日(土)、21日(日): グループセミナー: 09:00〜16:30
¥16,000(ランチ込)+借馬料¥5,000 (聴講¥6000ランチ込)
② 10月20日(土): グラウンドワークセミナー: 18:00〜19:30
¥7,000 (四街道文化センター TEL:043-423-1618 )
③10月22日(月)〜25日(木):CRインストラクター対象 アップデイトクリニック: 09:00〜17:00
見学講習¥6,000(ランチ込/1日)、生徒役ライダー¥12000(ランチ込)

会場:横浜乗馬倶楽部
④ 10月26日(金)、27日(土):座学付 グループセミナー: 09:00〜18:00
¥22,000(借馬料、ランチ込)、 聴講¥6,000(ランチ込)
⑤10月27日(土): グラウンドワークセミナー: 18:30〜20:00 ¥7000
※料金はすべて1日の料金です。

●セミナーに関するお問い合わせ先:
日本センタードライディング協会 大豆生田 真弓(おおまめうだまゆみ)
Email: cr.2009japan@docomo.ne.jp TEL:080-8474-6875

※受講希望の方は、下記の申込み用紙をプリントアウト
してファックスにてお申し込みください。
受講料は当日会場にてお支払いください。
■お申し込みファックス番号 03-3541-1669
(株)ジェイ・オーシャン「乗馬ライフ」センタードライディングセミナー係

mouskomi.jpg
ホースフェスタ2012がきたる10月22日に東京乗馬倶楽部で行なわれる。
このイベントは一般の乗馬ファンに世界で活躍する日本の馬術選手や馬たち
と気軽に触れ合ってもらったり、また各競技のデモンストレ−ションをショー
形式で観戦したりといった楽しい馬のイベントになっている。
先日行なわれたロンドンオリンピック日本代表の杉谷泰造選手、大岩義明選手、
北京オリンピック日本代表の北井裕子選手の参加を予定している。
秋の一夜を馬たちと一緒に過ごしてみてはいかがだろうか?
なお、チケットの購入は、ファックスかメールにて下記まで。

■開催日: 2012 年 10 月 22 日(月) 18:30〜20:30
■開催地: 社団法人 東京乗馬倶楽部 (東京都渋谷区代々木神園町)
 最寄駅 小田急線 「参宮橋駅」徒歩1分
■入場券:5,000円税込 (1ドリンク・1フード付き)
(チケット販売中)
■内容:・各競技のデモンストレーション。
・選手によるミニゲーム。
・選手との歓談。
■お申込み先
Email:horsefesta@vaqoo.jp
FAX:03-3242-1010
 <記載内容> お名前/ご住所/お電話番号/ご希望枚数(チケット)
■お振込先
北都銀行(ホクトギンコウ) 東京支店 普通 8028565 
ホースフェスタジッコウイインカイ ダイヒョウ サイトウヒサエ
主催運営: ホース・フェスタ実行委員会 代表 斎藤久絵

お問い合わせ
○ホースフェスタ実行委員会
【TEL】03-3241-1210【FAX】03-3242-1010
【Email】horsefesta@vaqoo.jp
【HP】www.maraque.jp



HorseFesta2012.jpeg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。