上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フォスターペアレントの会と言う団体を御存じでしょうか?
引退した競走馬の余生を、里親を募集してその資金で預かり
余生の世話をする団体だそうです。
御存じのように生まれた時から競走馬として走ることを義務
ずけられた馬達の中には、満足な競走成績をあげられないまま
引退していく馬がほとんどと言っても過言ではありません。
引退後は、運のいい馬たちは乗用馬として乗馬クラブに引き取ら
れていきます。しかし、多くの馬が引き取り手のないまま処分さ
れてしまうのが実情のようです。「経済動物」として馬が扱われて
いる現実では仕方がないのかもしれませんが…
もちろん、すべての馬が余生を無事過ごせるようになるのは困難
でしょうが、イグレット軽種馬フォレスターペアレントの会のよ
うな団体が草の根的に増えれば1頭でも多くの馬が余生を過ごせる
ようになるかもしれませんね。
ちなみに、イグレット軽種馬ファレストペアレントの会には中央
競馬のG1レースで活躍した「ブロンズコレクター」ナイスネイチ
ャ-が余生をすごしているようです。
興味のある方は一度ホームページをのぞいてみてください。

by どい
http://www.efp.gr.jp/nature.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/108-19c81abb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。