上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.16 愛宕神社その2
前回ブログで紹介した愛宕神社の石段の馬登り
の件で書ききれないエピソードがあったので
追加で書きます。

石段馬登りを大正時代(1925年11月8日)に
成功させた軍人岩木利夫。
彼がなぜこんな無謀な挑戦をしたかといえば、陸軍参謀
本部の馬丁の職にあった彼には「平形」(8歳のサラ
ブレッド)という愛馬がおり、愛馬が引退して廃馬にされ
てしまうということを耳にし、「この馬の真価を天下に知
らせたい」と石段上りを決行したと言われています。

ちなみに、その年に愛宕神社の隣りでラジオ放送を始めた
NHKが馬での階段上りの模様を生中継したとのこと。
「上り」が成功したところで、「下り」もあることを
臨時ニュースで知らせたところ、たくさんの見物客が
愛宕神社に殺到したそうです。
(そういえば上りがあれば下りもあるわけですね。
下りの方が恐怖心が増すんじゃないかと思います)
日本初の実況生中継は、馬の階段上りだったって言う
のも驚きです。



この人馬の話は美談として参謀総長から昭和天皇にも伝えられ「平形」
は廃用を免れ、騎兵学校の将校用乗馬に転用され天寿を全うした
そうです。
命をかけて決行した「階段上り」に挑んだ岩木の思いはここに実を結ぶこ
ととなりました。

う~ん、人馬に歴史ありです。

by どい 1.jpg
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/240-ecbb7b76
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。