上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.23 ある映画
今年のアカデミー賞のドキュメンタリー部門でオスカーを
受賞した「ザ・コーブ」と言う一本のアメリカ映画が
日本をはじめ世界で賛否両論物議を醸していますね。

ニュースで何度か取り上げられているので知っている
人も多いとは思いますが、内容は和歌山県のある地域で
今も行われているイルカ漁を追ったドキュメンタリー
で、日本では一部の単館系の映画館で上映されていた
ようですが、当然のごとく一部の市民団体や圧力団体から
上映反対の動きがでて上映中止になったようです。

昔から鯨を食べる習慣のある捕鯨国の日本は、鯨漁に
ついても事あるごとに反捕鯨国から批判の的になって
きた経緯のある日本ですが、この映画についても一部
の食文化(慣習)を通じて人種差別(おおげさかもしれませんが)
の格好の的にしているように感じました。

表現の自由と言ってしまえばそれまでですが、食文化
についてはその国特有の文化ですからそれを映画のテーマ
にするのはどうかとは思うのですがねぇ。
しかも、この映画に関していえばあの悪名の高いシーシェパード
が撮影に関与しているとの事。

まあ、映画を見たわけではないのであれこれ想像だけで
批判を書くのもなんなんですが、これだけ多方面で物議を醸し
ている事自体、映画会社にとっては格好の宣伝材料になって
ますね。(それが制作者側の意図なのかもしれませんが)

by どい

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/292-969b9163
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。