上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中央競馬の締めを飾るレース有馬記念が
昨日行われました。

現役の最強牝馬と言われるブエナビスタと
今年の3才クラッシックレースを盛り上げた
3才勢の対決で注目される今年の有馬記念は
昨年を上回る7万人の観衆が中山競馬場に
詰め掛けました。

おおかたの予想どおりブエナビスタが圧倒的
な1番人気に支持され、逃げ馬不在のスローペ
ースの中勝負は最後の直線での瞬発力勝負になり
ました。
結果、ブエナビスタは3才のヴィトワールピザ
に鼻さ届かず2着に終わりました。

馬券は撃沈しましたが中身の濃いレースを堪能しました。
それにしても1着から3着の馬まですべて外国人
ジョッキーが独占し日本人ジョッキーの頑張り
がもう少しみたかった気もしますが。
今年のG1レースを振り返ってみると勝ち馬はほとんどが外国人
ジョッキーの騎乗でしたね。
これは騎乗レベルの差なのでしょうか?
競馬の国際化が叫ばれる中、外国人ジョッキーの台頭
はこの流れを象徴する事なのかもしれませんが日本人
ジョッキーも奮起してもらいたいものですね。

by どい
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/331-67d955ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。