上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災から明日で約1週間が経過しようとしています。
被災地で今もなお行方不明者の捜索活動をしている
関係者の方々、福島の原子力発電所で原子炉の復旧
作業をしている様子が連日ニュースにて伝わってきて
事の深刻さを痛感しています。

ところで、古くから動物には特殊な予知能力があるの
ではないかと言い伝えられています。
専門用語ではこういった動物の予知能力も含めて宏観
異常現象と呼ばれているようです。

残念ながら科学的には立証されていませんが、数年前に
おきたスマトラ島沖で発生した地震・津波では、2万人
以上の犠牲者が出たにも関わらず国立公園で野生動物の
死骸が全く見つからなかったという驚くべき報告がなされ
ています。

この結果をふまえて、動物専門家の間では「野生動物たち
は、その第六感ゆえに、津波災害を避けることが出来た」
という意見が出ています。

また、古くは紀元前373年、ギリシャの歴史家が、ヘリスと
いう町で大地震が発生する数日前にネズミやウサギ、ヘビな
ど動物たちが一斉に町を離れた、という記録が残っているよう
です。
日本でも昔から、地震の前になるとナマズが激しく暴れる、鶏が
産卵を止める、ミツバチたちが慌てふためくように巣を捨てるな
どなどが語り継がれているようです。


そんな事は、根拠のない俗説と言う人もいるでしょうが、以上の話し
を総合すれば野生動物は、人間よりも非常に敏感に、地球の震動を感
じ取る能力があり地球から放出される電気やガスを検知しており地震
と関係した動物達が示す特定の異常行動は、世界中から報告されてい
るのはまぎれもない事実のようです。

草食動物である馬は、外敵(肉食動物)から身を守るため広範囲の
視野をもっていることが知られていますが、地震がおこる際の微振動
に対しては特殊な感覚を働かすことがあるのでしょうか?




by どい


yun_6030.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/346-12eb6246
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。