上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
横浜根岸にある馬の博物館では10月に下記
の展示イベントを予定している。

●平成24年度 馬の博物館企画展示
『スーホの白い馬と草原の民』
日本モンゴル外交関係樹立40周年記念事業

◎会期:平成24年10月6日(土)~12月2日(日)
◎後援:駐日モンゴル国大使館 NHK横浜放送局
神奈川新聞社 日本中央競馬会
◎内容:
『スーホの白い馬』は、モンゴルの民話に想を得た児童文学の名作。
広く親しまれているこの作品の原画や作者・赤羽末吉さんのスケッチ、
民俗資料、そして体験コーナーを通じ、『スーホの白い馬』の物語と、
遊牧の民と馬に焦点をあて、広大な草原で悠久の時の流れを越えて伝え
られた生活や文化を、子供たちにも親しみやすく紹介する。

geru.jpg


◎展示資料 
赤羽末吉『スーホの白い馬』原画 ちひろ美術館所蔵
赤羽末吉 デッサン「モンゴルの人」 ちひろ美術館所蔵
馬頭琴 国立民族学博物館所蔵
馬乳酒のまつり(模写)オルホン 国立民族学博物館所蔵
馬乳酒の製造道具 馬の博物館所蔵
モンゴルの春の1日(部分) セレゲン 国立民族学博物館所蔵
ゲルの展示国立民族学博物館 所蔵
体験コーナーでは モンゴルの民族衣装の試着もできる。

◎入館料:大人200円 小・中・高校生30円

○内容・日程などは諸事情により変更になることもあり。
馬の博物館 231-0853横浜市中区根岸台1-3  
℡045-662-7581 (担当:学芸部)
URL http://www.bajibunka.jrao.ne.jp

同時開催:テーマ展 「東山魁夷展 白い馬と風景のハーモニー」
戦前の修業時代から馬に親しみ、中山競馬場近くに居を定め、
馬の表現にとり組んで来た東山魁夷画伯の美しく幻想的に馬を描いた
作品10数点【市川市東山魁夷記念館および馬の博物館の所蔵】を展示。

※10月21日の日曜日には、馬と触れあうイベント「馬とのつどい2012」を開催

http://www.bajibunka.jrao.ne.jp
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/417-d50c0347
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。