上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨーロッパでは古くから蹄鉄は幸運を呼ぶお守りや魔よけ
として重宝されていたようです。日本でも車のフロント
グリルに蹄鉄をつけている人をよく見かけます。

なんで蹄鉄が幸運を呼ぶお守りになったのかは、不確かな
話しではありますが、その昔、古代ギリシャの王侯貴族が
馬に金の蹄鉄を履かせ飾りつけていたそうです。当時の
ギリシャでは、落ちている物は拾った人の所有物になると
されていた為、落鉄したそれらの金を拾った人たちは宝物
としてそれを所有することになり物理的には幸せになること
ができました。
そんなことから蹄鉄は富、幸せをもたらすという事になった
ようです。(その他いろいろ諸説はありますが。。。)
ちなみに、日本では馬は人間を踏まないということから、交通
安全のお守りとして蹄鉄を車につけるようです。(これは日本
独自の見解のようです)
そんな蹄鉄をお守りや魔除けとして飾る際は、幸運を逃がさな
いようにする為、お守りとして飾る場合はUに、また魔除けと
して使う際は、魔が入り込んでこないよう逆Uの字にして飾る
など、正しい向きというのがあるようです。

蹄鉄そのものを飾るのもよいですが、やはり一番身近なのはアク
セサリーとして身につけることかと思います。
いろいろなブランドから蹄鉄をあしらったアクセサリーがでてい
ますが写真は本誌でもお馴染みのアトリエノアのものです。
男の僕が言うのもなんですが綺麗ですよね。

byドイ
pn3702448s-1x350.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/47-4e1d0646
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。