上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●ウォーホース日本公演

少年と馬の友情に世界が泣いた・・・
スピルバーグも感動し映画化!
世界で話題の大作、初来日公演される。


原作は100作を超える名作を世に送り出し、英国王室から叙勲もされているマイケル・モーパーゴが、
1982年に発表した児童小説。
イギリスに生まれ、第一次世界大戦で軍馬としてフランスに送られた馬と周辺の人間たちの物語を、
『ウォー・ホース』は少年アルバートと愛馬ジョーイの数年における関係を描いたパワフルなストーリー。
舞台化作品はニック・スタフォードの脚色により、2007年10月にロンドンのナショナル・シアターで初演
された。 ウェスト・エンド版とブロードウェー版はマリアンヌ・エリオット・トム・モリス・トビー・セジウィック
により演出されている。
2011年 第65回トニー賞の最優秀作品賞、演出賞など5部門を受賞、さらにハンドスプリング・パペット・
カンパニーは、その作品に不可欠な功労を称えられ、トニー賞特別賞を受賞。

現在はロンドン公演、イギリスとアイルランドツアー、ベルリン公演、北米ツアーが同時に
行われており、いずれの場所でも高い人気を博している。
ロンドンの公演は7年目に入に入り、ニュー・ロンドン劇場で公演中。
アメリカでは、リンカーンセンターで2011年3月から2013年1月6日まで公演を行った後、
北米ツアーが開始。北米の大都市の劇場で公演を行っている。

モーパーゴの小説、および2007年に初演されたニック・スタフォードによる舞台
『ウォー・ホース』に基づく映画『戦火の馬』は2011年12月25日にアメリカで公開を
開始、日本では2012年3月2日に公開された。
ロンドンで舞台劇を観て、一幕目から感銘を受けたというスピルバーグ監督が、
「この感動を世界に届けたい」と映画化を決め、7カ月後には撮影に入ったという。

War Horse at the New London Theatre Photo by Brinkhoff M波enburg 852-112

Photos © Brinkhoff/Mögenburg

●東急シアターオーブ
(渋谷ヒカリエ11F)
公演期間 7/30~8/24

●チケットのお問い合わせ・申し込み
公式ホームページ
http://warhorse.jp/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/492-10113d89
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。