上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.13 競馬に思う事2
競馬ファンにとってG1レースが続くいまの時季は
1年の中でも非常にあつい時季です!
それにしても、昨日のG1レースエリザベス女王は
後味の悪いレースでした。
無敗の3歳馬カワカミプリンセスの初の古馬との
対戦が話題でしたが、カワカミプリンセスが
目がさめるような豪脚でゴールを駆け抜けた瞬間
は、第2のディープインパクトの出現と誰もが思った
のではないでしょうか?

数分後、事態は急変しました。第4コーナーで急に
内側に斜行して他馬の進路を妨害したとの事で
まさかの降着処分に。G1レ-スでの降着処分は
天皇賞でのメジロマックイ-ン以来との事。

プロである以上、斜行は許されない事だとは思う
のですが、いまいち競馬ファンにとって解りずらい
のはJRA裁定委員が下す判断基準です。
過去にも似たような事例はありましたが、なんの
処分もない場合も多々ありました。
今回の件で興醒めしているファンも多いのでは…

管理する調教師によれば、カワカミプリンセスの
年内でのレース出場はないとの事。有馬記念での
ディープインパクトとの夢の対決は白紙になった
ようです。
凱旋門賞のディープインパクトや今回の件も
可哀想なのは馬たちです。

by ドイ2006-2.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/8-85d09082
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。