上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.06.25 相馬野馬追い
昨日は、阪神競馬場で上半期の競馬を締めくくる
宝塚記念が行われましたが、今年はG1馬が数多く
出場してまれに見る好メンバーが揃った宝塚記念
でしたね。
なんといっても今年のダービーを制した3才チャンピオン
牝馬のウオッカの参戦でより盛り上がりました。
しかし、ウオッカが1番人気に支持されたのには正直驚き
ました。結果、はじめての古馬との対戦で8着に破れまし
たが、充分見せ場はつくってくれたような気がしました。
今後の活躍が楽しみです。
自分的には馬券は3連単(1~3着を順番に当てる)で適中
したので大満足の宝塚記念でありました!

前置きが長くなりましたが、今年も国の重要文化財にも
なっている日本の伝統行事「相馬野馬追い」が近ずいて
きました。
皆さん御存じかと思いますが、簡単にうんちくを書かせて
いただきます。

相馬野馬追は、福島県原町市を中心に開催される国の重要文化財で、
戦国時代の昔から1000年の歴史を誇る日本を代表する伝統文化
行事です。
毎年、7月23日~25日の3日間、600余の甲冑騎馬武者が出場
し勇壮華麗にして豪華絢爛に繰り広げられる戦国絵巻で、世界一の馬
の祭典ともいわれているそうです。
その由来は、相馬家の始祖平将門は約1000年前、官職に有った頃、新し
い軍事力として馬の活用を考え、下総国の牧に野馬を放牧し、北関東八
ヶ国の兵を集め、野馬を敵兵に見立て野馬を追い、馬を捕らえる軍事訓練
としてまた祭礼として行ったのに始まるといわれているそうです。
その後、相馬氏はそれまで不在にしていた奥州、行方郡に移り住んで
からも、代々の相馬藩主が、明治維新までこの行事を続け、現在にいたって
います。

なお3日間のスケジュールは以下の通りです。 
■出陣(1日目/7月23日)

■大将お迎え(1日目/7月23日)

■宵乗り競馬(1日目/7月23日)

■お行列(2日目/7月24日)

■甲冑競馬(2日目/7月24日)

■神旗争奪戦(2日目/7月24日)

■野馬懸(3日目/7月25日)

個人的には2日目に行われる古式甲冑に身をつつんだ若武者が1000mを10騎で駆け
抜ける甲冑競馬は和式の競馬ともいえますね。

by どい

※写真は関連ホームページから抜粋しました。
20070625190455.jpg

http://www6.ocn.ne.jp/~nomaoi/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://johbalife.blog73.fc2.com/tb.php/82-c52f4b72
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。